本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

讃岐牛

旬の時期
主な産地 香川県全域

讃岐牛とは

写真:讃岐牛 讃岐牛とは、香川県内で飼育された血統明確な黒毛和種で、肉質の15ランクの内、上位4ランクに格付けされたものを「讃岐牛(金ラベル)」、5・6ランクのものを「讃岐牛(銀ラベル)」としています。

讃岐牛は、通常1頭の母牛から1年に1頭しか生産されません。無理なく、常に最高の状態で生産できるよう注意し、約30ヶ月間(600~700㎏)、手塩にかけて育てています。

歴史が育て上げた味

香川における牛の歴史は、西暦700年にまで遡ります。文武天皇の命により「官牛放牧」が小豆島で行われたことに起源をもちます。
明治15年には、全国に先駆け、小豆島で和牛の肥育が始まり、県内各地に広まっていきました。
大正時代の初めには、京阪神を中心に流通し、そのころから「讃岐牛」の愛称で呼ばれるようになりました。明治初期から培われた伝統と技は、全国屈指の高い技術を生み出し、全国和牛能力共進会第三回大会では枝肉販売価格日本一の800万円を記録、第五回大会では歩留等級日本一を受賞するなど、高い評価を受けています。

肉そのものの旨味を味わう

讃岐牛は、牛肉としての優れた品質・味の良さを誇るため、食べ方としては肉そのものの味をしっかりと味わえる料理が最適です。
例えば、塩コショウでの簡単な味付けで調理するサーロインステーキ。
素材本来の旨味を愉しめる贅沢な逸品です。
また、しゃぶしゃぶやすき焼きにすると、とろける口溶け、深いコクと味わいなど、讃岐牛の魅力がたっぷりと愉しめます。

讃岐三蓄とは

讃岐三蓄マーク

香川県は、瀬戸内の温暖な気候風土に恵まれ、昔から家畜の飼育が盛んに行われてきました。
「讃岐三畜」は、香川県の特産畜産物「讃岐牛」「讃岐夢豚」「讃岐コーチン」のことで、品質、味のよさで多くの人々に賞賛されています。昔の讃岐の特産品であった「綿」「塩」「砂糖」の「讃岐三白」になぞらえて、平成10年に「讃岐三畜」として一体的に普及推進するため、そのように名づけられました

讃岐牛に関連する県産品一覧

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら

香川県庁