本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

丸亀うちわ

旬の時期
主な産地 丸亀

丸亀うちわとは

丸亀うちわの技術は、江戸初期までにすでに確立していたものと考えられています。その後、金刀比羅宮参拝の土産物として、男竹丸柄で朱赤に丸金印の渋うちわが考案され、天明年間には丸亀京極藩士が女竹丸柄うちわの技術を習得し、藩も藩士の内職に奨励したため、うちわづくりが急速に広がりました。 天保年間には、丸亀港が金毘羅船の発着で賑わい、土産物のうちわも飛ぶような売れ行きを見せていくようになり、全国に丸亀うちわの名声が高まっていきました。現在の生産量は年間1億本で、全国シェアの90%を誇る日本一のうちわ産地です。平成9年5月には国の伝統的工芸品に指定。風情あふれる丸亀うちわは、夏に欠かせない風物詩として全国の人に愛されています。

躍進のきっかけは平柄うちわ

明治に入り、奈良うちわにならった男竹平柄うちわが急速に普及し始めました。
現在、全国的に有名な丸亀うちわは、この男竹平柄うちわです。
平柄うちわは丸柄に比べて製造が簡単で、大量生産にも適しているため、現在でも平柄が丸亀うちわの主流を占めています。
大正時代には、制作機械が次々と導入され、しかもその機械を独占することもなく自由に使用を認めたため、生産量は飛躍的に増大し、全国生産の80~90%を占めるようになり、日本一のうちわどころとして今日にいたっています。

材料が近くで間に合う強み

丸亀のうちわづくりがここまで発展した理由の一つに、うちわの材料がすべて近くで間に合ったことが挙げられます。丸亀地方では「伊与竹に土佐紙貼りてあわ(阿波)ぐれば讃岐うちわで至極(四国)涼しい」と歌い継がれています。竹は伊予(愛媛県)、紙は土佐(高知県)、ノリは阿波(徳島県)というように、材料はすべて近くに産地がありました。交通が不便だった江戸時代はもちろんのこと、現在でも材料が手近に求められることは大きな強みとなっています。

守りたい伝統の技と心意気

現在、丸亀うちわの85%ほどをポリうちわが占めています。機械化で量産できることやコスト面を考えると、今後もポリうちわが主流になることは明らかです。しかし、ほとんどの行程を手作業に頼る竹のうちわには、ポリうちわにはない温もりと気品があります。

職人さんたちの鮮やかな手仕事が、一本一本味わいの異なるうちわを生み出しています。
そこには日本一のうちわどころに生きる心意気があります。国の伝統的工芸品に指定されたことで業界も活気づいています。便利な時代だからこそ、こうした伝統工芸を末永く後世に伝えていけたらと思います。

丸亀うちわに関連する県産品一覧

  • 香川漆器

    漆の味わいを日々の暮らしに。長い歴史の中で培われた香川漆芸は、伝統技術を大切に育て上げた、こだわりぬ

    詳しくはこちら

    手袋

    国内産手袋の約9割が生産されている香川県東かがわ市。120年を超える伝統と実績が生み出す高品質な手袋は、

    詳しくはこちら

  • 庵治石

    歴歴史に磨かれた天下の銘石「庵治石」。世界に類をみない上質な石材。水晶と同程度を誇る硬度と、気品ある

    詳しくはこちら

    高松張子

    高松市内の鍛冶屋町では、昔から玩具や人形を取り扱う店がたくさんあり、様々なおもちゃ類が作られていまし

    詳しくはこちら

  • 讃岐一刀彫

    ノミの刃跡を活かして彫り上げる「一刀彫」の歴史は古く、その始まりは天保8年(1837年)、金毘羅宮・御本

    詳しくはこちら

    讃岐獅子頭

    もともとは神前や仏前に安置され礼拝されていた「獅子頭」ですが、やがてこれを操作し、神徳仏恩を表現する

    詳しくはこちら

  • 讃岐提灯

    「讃岐提灯」は、四国八十八ヶ所奉納提灯として生まれました。そのため、寺社特有の図柄や紋様が用いられ、

    詳しくはこちら

    保多織

    初代高松藩主・松平頼重公が命名した「保多織」は、丈夫な織物で「多年を保つ織物だ」という意味があります

    詳しくはこちら

  • 家具

    香川の地場産業として発展してきた家具は、素材そのものの風合いが楽しめる木と腕達者な職人の技が結びつい

    詳しくはこちら

    かばん・革小物

    昭和40年代、東かがわ市では、産地の多角化を目指す一環として手袋製造で培ったノウハウを応用し、かばん・

    詳しくはこちら

  • 縫製品

    昭和30年ごろから盛んに行われ、特にアメリカ向けの輸出を追い風に大きく飛躍した産業です。その後、国内向

    詳しくはこちら

    桐げた

    さぬき市志度では明治40年に生産が始まり、全国有数の産地にまで成長しました。桐げたは、自然乾燥した桐材

    詳しくはこちら

  • 製綿・家具

    塩、砂糖とともに「讃岐三白」のひとつに数えられている綿栽培。江戸時代中期から当時の農家の副業として盛

    詳しくはこちら

    讃岐における瓦は奈良、平安、鎌倉、室町時代から盛んに作られていたと言われています。魔除けとしてかなり

    詳しくはこちら

  • はかり

    香川県ではその昔、国の指定で鋳物、分銅の制作を行っていました。中でも「カンカンの分銅」はその正確さで

    詳しくはこちら

    サヌカイト

    たたくと「カーン、カーン」という音を響かせる石。古くからカンカン石と呼ばれ親しまれてきた讃岐の名石「

    詳しくはこちら

  • 讃岐かがり手まり

    美しく落ち着いた色合いが温かみを生み出す。
    自然の植物から採った染料でしか出せない特別な毬。

    詳しくはこちら

    讃岐のり染め

    もち米からできた防染のためののりを使って染め上げる、讃岐のり染め。藍甕につける際、または染料をしみこ

    詳しくはこちら

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら

香川県庁