本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

ひけた鰤

旬の時期 11月~12月
主な産地 引田

ひけた鰤とは

写真:ひけた鰤とは 日本近海の広域回遊魚の代表種であるブリは、成長するにつれて呼び名が変わる出世魚。
香川では、モジャコ、ツバス、ハマチ、そしてブリへと成長していきます。
香川県の東端に位置する引田は、ハマチ養殖発祥の地です。その歴史は昭和3年にまでさかのぼり、野網和三郎氏が世界で初めてハマチの海面養殖の事業化に成功したことから始まります。
以来、様々な研究を重ね、積み重ねた歴史と経験が、現在では大きく出世したブリの養殖を可能にしました。
養殖場所は沖合6㎞、他に例をみない大型小割生簀。ゆったりとした環境でストレスなく泳ぎ回ることができ、そうして運動量を増したブリの身はグッと引き締まった抜群の味わいを実現します。

美味さの秘密は徹底的なこだわりと瀬戸内海の恵み

写真:美味さの秘密は徹底的なこだわりと瀬戸内海の恵み

ひけた鰤は、何よりも餌にこだわっています。生エサと魚粉を混ぜ合わせたモイストペレットのほか、バランス良く栄養素が入っているEP(エクストルーダーペレット)を多く使用。EPを多く与えることにより、過剰な脂肪分が抑えられ、出荷後も長時間鮮度が保たれます。また、天然のブリは、餌の魚群に出くわすとまとめて食いだめし、餌がないときは絶食が続くという特徴があります。引田では、より天然の生態に近づけるため、餌を週2~3回に減らすという大胆な方法を採用しています。この方法により、海の過剰な富栄養化を防ぐことができ、赤潮の発生対策としても効果が出ており、ブリが健康な状態でいられる環境が整っています。夏場はあまり太らさずに泳がせて体長をのばし、秋から消化が良く栄養価の高い餌を与えて太らせる。こうした徹底的なこだわりが、美味しいブリを生み出していきます。さらに、瀬戸内海の恵みがブリの美味しさを際立てます。瀬戸内海の温度は夏が26度、冬が8度。
夏から秋にかけて大きく成長したブリは、瀬戸内海のちょうどいい水温の低下とともに絶妙な脂ののりをみせ、美味しさをさらに増していきます。そして、11月には最高の状態で、各地へと出荷されています。

香川ブランドハマチ三兄弟

大きな生簀でのびのび大らかに育った長男「ひけた鰤」、潮の流れの速い海で元気に育った次男「なおしまハマチ」、そして県魚・ハマチと県木・オリーブのコラボレーションが生んだ三男「オリーブハマチ」。ハマチ養殖発祥の地である香川ならではの、歴史が築き上げ、個性があふれる香川ブランド。それが「ハマチ三兄弟」です。

香川のハマチは栄養素の宝庫

豊富なタンパク質に、バランスよく含有された必須アミノ酸。血液の流れを妨げる悪いコレステロールや脂肪を減らす働きをするエイコサペンタエン酸。日本人に不足しがちなカルシウム。他にもタウリンや様々なビタミン、DHAなどがたっぷりと含まれており、まさに栄養素の宝庫。こうしたバランスの良い栄養素は、ストレスなく健康に留意して育てられた香川県産ハマチ(ブリ)の魅力です。

ひけた鰤に関連する県産品一覧

  • なおしまハマチ

    潮の流れが速い海で、元気に泳ぎ回って育つなおしまハマチ。栄養のバランスを心がけた投餌と、徹底した「身

    詳しくはこちら

    オリーブハマチ

    県魚・ハマチと県木・オリーブのコラボレーションが生んだ「オリーブハマチ」。オリーブの葉を混ぜた食事で

    詳しくはこちら

  • 海苔

    瀬戸内海のミネラルをたっぷり含んだノリは、「海の野菜」と呼ばれるくらい栄養満点です。中でも11月から12

    詳しくはこちら

    ナシフグ

    香川県で獲れる「ナゴヤフグ」と呼ばれるフグの中でも、「ナシフグ」は体の表面がツルツルしていて、胸びれ

    詳しくはこちら

  • タイラギ

    三角形の大型の二枚貝で、貝の尖っている方を海底に突き刺すように立ってることから「立貝(タチガイ)」と

    詳しくはこちら

    アナゴ

    ウナギに似て細長い円筒形をしていますが、体の中央に白い点々が並んでいるのが特徴です。夜行性で、昼間は

    詳しくはこちら

  • イカナゴ

    銀白色の細長い体形の小魚で、下あごが上あごよりも長いのも特徴です。冬から春にかけてよく獲れ、冬眠なら

    詳しくはこちら

    ゲタ

    「ゲタ」という呼び名はウシノシタ類の香川・岡山辺りの方言です。全国的には「シタビラメ」という呼び名が

    詳しくはこちら

  • 小エビ

    香川県で獲れるエビにはたくさんの種類がありますが、その中でも10cm前後までしか成長しないものが「小エビ

    詳しくはこちら

    サワラ

    スマートな体に鋭い歯、鋭いヒレを特徴とする「サワラ」は、香川の春を代表する魚のひとつです。4~5月に

    詳しくはこちら

  • マダイ

    桃色に青色の星をちりばめたような鮮やかな色を放つ、魚の王様「タイ」。桜の咲く頃に獲れるものが脂ののり

    詳しくはこちら

    マナガツオ

    丸い体に丸い顔、おちょぼ口で愛嬌のある姿が、目を引きます。瀬戸内海では、カツオと言えばマナガツオのこ

    詳しくはこちら

  • ガザミ

    全国の中でも瀬戸内海はワタリガニの最大の漁場で、高値で取引されています。香川で「カニ」といえば「ガザ

    詳しくはこちら

    カレイ

    香川県で獲れるカレイは「マコガレイ(アマテ)」と「メイタガレイ」が主。マコガレイはその名のとおり、産

    詳しくはこちら

  • マダコ

    タコの中でも特に足(腕)が太い「マダコ」。備讃瀬戸で獲れるものは「立って歩く」と言われるほど、足が太

    詳しくはこちら

    タケノコメバル

    江戸時代に高松藩で編纂された衆鱗図で、すでにタケノコメバルと呼ばれていたことが分かります。この名前に

    詳しくはこちら

  • セトダイ

    瀬戸内海で多く獲れるため「セトダイ」と呼ばれているイサキ科の魚です。しっかりとした背ビレが特徴的で、

    詳しくはこちら

    キュウセン(ベラ)

    瀬戸内海で「ベラ」と言えば「キュウセン」のこと。夏の磯を代表する小魚です。関東ではあまり流通しない魚

    詳しくはこちら

  • キジハタ(アコウ)

    香川県海域で唯一獲れるハタの仲間で、姿形が美しく、味も美味。香川県では体色が赤いことから「アコウ」と

    詳しくはこちら

    オコゼ

    まるで押しつぶされたような顔をしている「オニオコゼ」を普通、単にオコゼと呼びます。背びれに猛毒を持つ

    詳しくはこちら

  • カキ

    岩場などに生息する「カキ」ですが、現在は養殖物が主に扱われています。全国で見ると、広島、宮城、岡山な

    詳しくはこちら

    カンパチ

    ハマチの仲間で、褐色を帯びた体色をしている魚です。頭の上に眉毛のようにも見える黒い線があり、前から見

    詳しくはこちら

  • キス

    ほっそりとした体形にとがった口先を持つ「キス」は、光に反射するとパールピンクに輝く上品な姿をしていま

    詳しくはこちら

    クルマエビ

    茶褐色のしま模様が特徴的で体を丸めると車輪のように見えることから、この名前が付いたと言われています。

    詳しくはこちら

  • サヨリ

    長く伸びた下あごと細長い体形で海の表層を泳ぐのが特徴的な魚です。背は青緑色、腹は銀白色で、下あごの先

    詳しくはこちら

    スズキ

    スマートな体形と大きな口、銀白色から黒みの体色が特徴の「スズキ」。えらぶたやひれに鋭いトゲがあります

    詳しくはこちら

  • クロダイ

    タイの仲間で体色が黒いことから「クロダイ」という名が付けられていますが、西日本では「チヌ」と呼ばれる

    詳しくはこちら

    ハモ

    ウナギやアナゴと同じ仲間で、細長い体形をしています。小魚やエビなどを食べて育ち、大きいものは2m余りに

    詳しくはこちら

  • ヒラメ

    「左ヒラメに右カレイ」と言われるほど、カレイとよく似ている魚ですが、表を向けて腹を手前におくと目が左

    詳しくはこちら

    フナ

    淡水魚の「フナ」は、キンブナ、ギンブナ、ゲンゴロウブナなどの種類があります。香川はため池が多くあるこ

    詳しくはこちら

  • カワハギ

    皮が硬く、はいで料理することから「ハギ」と呼ばれている魚です。香川県では「ウマヅラハギ」と「マルハギ

    詳しくはこちら

    ミルクイ・ナミガイ

    「ミルクイ」は褐色の殻からはみ出した黒く太い水管が特徴的な二枚貝です。この黒い皮をはいだ水管は美味な

    詳しくはこちら

  • メバル

    「磯の小魚」の代表とも言える「メバル」は、地元では「クロメバル」や「オキソメバル」と呼ばれ、パッチリ

    詳しくはこちら

    シズ

    楕円形の体形で、小さな口にだんご鼻の可愛らしい魚が「シズ」です。マナガツオの近縁ですが、香川県では大

    詳しくはこちら

  • シャコ

    かつては漁獲高が全国3位以内に入っていた香川県産の「シャコ」ですが、渇水や高水温の影響もあり、1985年

    詳しくはこちら

    ナマコ

    最近では中華料理の高級食材として取引されることも多い「ナマコ」は、ウニやヒトデと同じ棘皮動物の仲間で

    詳しくはこちら

  • イリコ

    瀬戸内海のおだやかな海で育ったイワシでつくる香川県のイリコは、濃厚でうま味が強いのが特徴。本場さぬき

    詳しくはこちら

    コウイカ(ハリイカ)

    舟のような形をした甲を持ち、甲の先にケンがあります。頭に見えるところがイカの胴の部分ですが、この先を

    詳しくはこちら

  • シリヤケイカ

    胴の裏側の先(後端)から赤茶色の液体を出すことから「シリヤケイカ」と言われています。黒みがかった体色の

    詳しくはこちら

    カミナリイカ(モンゴウイカ)

    5月~7月頃に瀬戸内海に入り込み、産卵し成長するイカです。胴の長さが30cmと長く、見た目にも大型なのが分

    詳しくはこちら

  • アオリイカ

    カミナリイカ同様、7月頃までに瀬戸内海に入り込み、産卵し成長します。甲は透明で、ぺらぺらした軟らかい

    詳しくはこちら

    ベイカ

    胴の長さは6~10cm程度と、イカの中でも小さい部類です。全体的に細長い体はセルロイドのように透明で、甲

    詳しくはこちら

  • ミミイカ

    丸い形で4cmぐらいの胴が特徴のこじんまりしたイカです。丸いヒレはまるで耳のように見え、可愛らしい印象

    詳しくはこちら

    スルメイカ

    イカの代表種とも言える「スルメイカ」。九州近海で生まれ、北海道あたりへ北上し、再び九州近海へ産卵に戻

    詳しくはこちら

  • オリーブ車海老

    乾燥させ、粉末にした香川県産オリーブの採油後の果実。これをエサに混ぜたものを与え、瀬戸内海の真ん中、

    詳しくはこちら

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら

香川県庁